メンタリズム大学

プロのメンタリストが書く記事です。

【LINE】好感度を爆上げする返信の仕方!ミラーリングを使おう

f:id:shunya813:20190711225305p:plain

みなさんこんにちは、メンタリストのきら (@mentalist_kira)です!

youtubeもやってますので、良ければご覧ください!

www.youtube.com

はい、ついにこの記事を書く時が来ました。

そう、「LINEシリーズ」です

今回の内容は、

タイトルにもある通りなのですが、

相手からの好感度を爆上げする返信の仕方を紹介します。

という事でさっそく本題の方に入って行きます。

ちなみにですが、どんな返信をしたら、相手からの好感度があがると思いますか?

もしここで、「相手から送られてきた内容と同じような内容で返信する」

と答えた人は、メンタリスト認定です。

おめでとうございます!

そうなんです、それが答えなんですね。

ありきたりだと思った人は中にはいると思いますが、この方法が一番好感度があがる返信の仕方なんです。

どんなありとあらゆる心理テクニックを使っても、この

「相手から送られてきた内容と同じような内容で返信する」

という方法には敵いません。

少なくとも、メンタリスト達は息をするようにこれをやってます。

 

<目次>

徹底的に返信を真似をする

ちなみに今回使うテクニックは、「ミラーリング」というテクニックです。

知らない人の為に一応説明しておくと、相手の言動や行動を真似する事で、相手に好感を抱かせる心理テクニックの事です。

これをLINEにも応用します。

そうすると、例えば相手が「2行+スタンプ」で文章を送って来たとしたら、自分もそっくりそのまま「2行+スタンプ」で返信する。

相手が文章の後に絵文字をつけて来たとしたら、自分も文章の後に絵文字をつけて返す。

たったこれだけです。

ただ注意して欲しいポイントが一つだけあります。

それは、やりすぎてはダメという事です。

なぜなら、バレるからです(笑)

あ、この人めっちゃ真似してんな〜。

ってやりすぎると思われてしまいますので、バレない程度にさりげ無くやってください。

ですから例えば、

「昨日は楽しかった、ありがとう」

と相手が送ってきた場合、

「僕も楽しかった、ありがとう」

という感じで返信する。

これだったらさりげない感じで返信出来てますよね。

で、もしここで相手がスタンプを送って来たとしたら、自分もスタンプで返すのですが、さらにここでも注意して欲しいポイントが一つあります。

それは、相手のスタンプと似たようなスタンプで返さないといけないという事です。

これは「類似性の法則」と言って、自分と似た人を好きになるという心理現象なんですが、もし違うジャンルのスタンプを送ってしまうと、

「あれ、この人私に似てないかも、、、」

となって、好感度が下がってしまう可能性があるからなんですね。

ですから例えば、相手がアニメ系のスタンプを送って来たとしたら、自分もアニメ系のスタンプで返す。

芸能人のスタンプが送られてきたら、自分も芸能人のスタンプで返す。

という事です。

もちろんこれは絵文字でも同じです。

ちなみに、心理学者の方達が、「恋を実らす為にはとにかくミラーリングだ!」

と良くいってますが、この「ミラーリング」というテクニックは「類似性の法則」を引き出す為に使うテクニックですので、相手に自分が似ているという事がしっかりと伝わらないと、いくら真似したって意味がないんですよね。

だからこそ、相手が自分に似てるなと感じさせるようなスタンプや絵文字、それらの種類やジャンルはもちろん、文字の量・行数まで徹底的に合わせて行く必要があるんですね。

そもそも自分が送った内容と全然似てないような返信が返って来たら、あまり好感持てませんもんね。

例えばさっきの例だと、

「昨日は楽しかった、ありがとう(顔文字)」

を送った時に、相手から

「うん、こちらこそ。」

だったらなんかそっけなく無いですか?

ちゃんと「こちらこそ楽しかった、ありがとう(顔文字)」

って返ってきた方が絶対印象良いですよね!

まあそんな感じで、とにかく相手から好感度をあげたいなら、自分と似てると思わせるように、徹底的に相手からの返信を真似していきましょう!

まとめ

という事で最後に話をまとめて終わりにします!

LINEで相手からの好感度をあげる為には、ミラーリングというテクニックを使って、相手の返信に合わせて行きましょうという事を言いました。

それは文章の内容や量、スタンプや絵文字など、全てにおいて徹底的に合わせていく必要がありますよと話しました。

なぜかと言うと、自分と似ている人を好きになる「類似性の法則」を引き出す為で、逆にいくら真似をしても似てると思われなければ意味がありませんよとも言いましたね。

あとはまあやりすぎるとバレる可能性があるので、ほどほどにやりましょうという事でした!

という事で今回はこの辺で終わりにします。

最後まで見ていただきありがとうございました。

では、さよなら!