メンタリズム大学

メンタルハックや心理学を発信中

【心理学】脈なしの相手が見せる3つのサイン!

f:id:shunya813:20190628204818j:plain

みなさんこんにちは、谷澤(@tanizawakuwaku)です。

今回はタイトルにもある通り、脈なしの相手が見せるサイン!

という事で。

これ凄く気になりますよね。

でも今回の内容を紹介する前に一つだけ言っておきたいことがあります。

それは、そこらへんのネットの記事や心理学者達が言っているような表面上だけの知識を紹介するわけではないということです。

しっかりと多くの経験と失敗から導かれた、完全保存版の最強テクニックしか紹介しませんので、みなさんご安心ください!

ちなみに、みなさんは脈なしの相手がどんな行動をとると思いますか?

少し考えてみてください。

おそらくですけど、話す時に目線がみなさんの方向に向いていない。

とか、笑顔が少なく、返事もどこかそっけない態度で、適当に返される。

ざっとこんな感じだろうと思います。

まあたしかにそれも少なからずあります。

しかし、今回の内容はそういうのでは無いです。

今回もさっそく結論から言っちゃいますね。

ではいきましょう!

 

<目次>

疲れている時に意味の無い仕草や行動を取り始める

それは、「疲れている時に意味のない仕草や行動を取り始める」

ずばりこれです。

ここで重要なのは、疲れている時という事です。

何故疲れている時が重要な条件なのかと言うと、人間って疲れている状態の時って、体裁を上手く取り繕う事が出来ずに、本来の素の部分が出てしまうからなんですよ。

今から具体例を踏まえながら詳しく解説して行きます。

みなさん、一度好きな人とデートに行ってみてください。

想像だけでも大丈夫です。

デートで無くても友達と出かけに行く場合を想像してもらったら結構です。

その時に、服を見たり散歩したり何でも良いので、出来るだけその相手を疲れさせてください。

で、その相手が疲れてきたと思ったら、できるだけリラックスできるお店に行ってみてください。

カフェとかおしゃれなレストランでもどこでも良いです。

頻繁に腕時計を見る

そして座ったとして、その時に、その相手が頻繁に時計を見はじめたり、貧乏ゆすりをしたりし始めたとしましょう。

そしたら、その相手はほぼ確実にあなたに興味が無いと思ってもらって間違いないでしょう。

これ何故かと言うと、頻繁に時計を見るという事は、早く帰りたいという証拠ですし、貧乏ゆすりをしているという時は、はやくこの場から去りたいという事だからです。

体裁を取り繕う事が出来る疲れていない普段の状態の時に、そんな相手が明らかにいやがるような失礼な事はしようとはしないですよね。

でもそれをやってしまうという事は、あなたに興味が無いもしくは、嫌っているという事に他ないんですね。

別に相手はわざとそれをやっているんじゃ無くて、無意識にやってしまってるんですよ。

まあわざと「私はあなたに興味が無いですよ」と言わんばかりにそういう行動に出る人はいるでしょうけど、そんな人はなかなかいないですよね。

だからこそ、本音の出やすい疲れている状態の時に、リラックス出来る場所や環境に移って、そういう行動に出てしまうかどうかを判断するわけです。

しかしもちろん、いつもの癖でそういう行動を取ってるという人は例外です。

スマホを頻繁に見る場合は例外

例えばですけど、その疲れている状態で相手が意味もないのにスマホを触り出したという場合は、判断しにくいですよね。

なぜなら、意味もないのにスマホを触るなんて、一人の時でも癖として普通にやってるからです。

ですからそこは、相手によって見分けるようにしてください。

ですから、まマホを見るとか腕時計を見るとか貧乏ゆすりをするとか以外でも、服についているゴミを払うとか、どう考えてもこの人普段癖でもやってないなというような事をやっていたとしたら、ほぼ確実にあなたに興味がないという事になるわけです。

こういうのを知っておくと、自分はこの相手に興味を持たれていない原因は何か探す事が出来ますし、それを改善して、次に繋げる事が出来るかもしれないので、知っておいて損は無いと思います!

まとめ

では最後に話まとめて終わりにします!

あなたに興味が無い人が見せる行動として、「疲れている時」に意味のない仕草や行動を見せ始める事が挙げられると話ました。

それは例えば、頻繁に腕時計を見たり、貧乏ゆすりをしたりと、普段しないような事をした時で、いつも癖としてやっているスマホを見ると言ったような行動は、判断しにくいので、相手を見極めて判断しましょうという話でした。

という事で今回はこの辺で終わらさせていただきます。

最後まで見ていただきありがとうございました。

では、さよなら!