おうるの呟き

雑記ブログです。

自宅でも簡単に出来るボイストレーニングのやり方!!!

みなさんこんにちは、おうる(@yanshuu123)です。

今回はタイトルにも書いてある通り、自宅でも簡単に出来るボイストレーニングのやり方!!!

ということで、、。

こんな事を言っているんですが、実は僕、歌手でもありませんしボイストレーナーでもありません(笑)

はぁ!?何でそんなお前が、自宅でも簡単に出来るボイストレーニングのやり方とやらを俺たちに教えられるんだ!?

というような声が聞こえてきますが、、、。

しかし僕、実はボイストレーニングの生徒なんです。

ですから、プロのボイストレーナーから教わった内容を、そのままみなさんにお伝えする事が出来ます!

しかも、直接教わっていますので、どのサイトにも載っていない方法をみなさんは知る事が出来ます。

(ボイストレーニングの先生に見つかったらヤバイ事になりますが笑)

ですので、是非参考にしてみてください!!

では行きましょう!

 

これをやらないと絶対に上手くならない!

f:id:shunya813:20180925165532j:plain

この記事を見てくれている方は、おそらく初心者の方がほとんどだと思います。

なぜなら、ある程度ボイストレーニングをしている方は、ミックスボイスやファルセットなどという練習を既にやっており、ボイストレーニングという大きな概念で検索を入れないからです。

でも初心者の方は、ボイストレーニングという言葉しか分からないはずです。

ですから、ここにやって来た、、、。

当たってますかね?(笑)

(まあ、僕がそうだったので笑)

まあ、そんなメンタリズム的な推測は置いといて。

ボイストレーニング初心者の方で、まず始めに何をすれば良いのか分からない!

という方がほとんどでしょう。

そんな方達は、まずこれをやってください。

そう、腹式呼吸です。

この腹式呼吸は、聞いた事がある方が多いと思います。

ボイストレーニングを行う上で、腹式呼吸は必須になってきます!

というか、腹式呼吸ができないと、絶対に歌が上手くなりません。

逆に、初心者の方が腹式呼吸を極めると、格段に歌が上手くなります!(本当です)

僕も、腹式呼吸が出来るようになっただけで、周りの友達や親戚に「すごく上手になったね!」と言われるようになりました。

ですから、がんばって腹式呼吸の練習をしましょう!

 

正しい腹式呼吸のやり方

f:id:shunya813:20180925165550j:plain 

さて、さっそく腹式呼吸のやり方を伝授するのですが、その前に一つ。

ネットでは、腹式呼吸のやり方をたくさん言っている方がいますが、どれも僕がボイストレーニングで教わった内容とは違っています。(自己流なのかな?笑)

ですので、プロのボイストレーナーが書かれた記事や、僕みたいな、プロのボイストレーナーに直接教わっているような人達の記事を読んで練習する事をオススメします。

では行きましょう。

 

腹式呼吸をやる際に、お腹から息を吸って、お腹を膨らませるように言われると思います。

はい、たしかにそうです、お腹を膨らませます。

しかし、ただお腹を膨らませるのでは、意味がありません。

ここからが、僕が教わった秘伝の方法です。(笑)

いいですか?

正しい腹式呼吸の方法は、

お腹から息を吸って、お腹を膨らませるのと同時に、膝を身長−10cmほどストン!と落とすのです。

正確には、膝を落としながら息を吸う事で、お腹に息が入りやすくなり、お腹が膨らみやすくなる。

という流れです。

しかし、膝を落とすなんて、初めて聞いたという方ばかりでしょう。

それもそのはず、この方法はお金を払ってボイストレーニングに通っている人しか得られない方法だからです。

ですので、是非やるべきだと思います。

 

丹田を鍛えるトレーニング 

f:id:shunya813:20180925165623j:plain

では、次に行きましょう。

次教えるのは、丹田を鍛えるトレーニングです。

この「丹田」という概念は聞いた事があるでしょうか。

丹田は、「支え」と言われる事もあります。

丹田(支え)の位置は、へそから3cmほど下にあります。

この丹田を鍛える事によって、喉声では無くなり、音程が安定した声を出せるようになります。

この支えに力が入らないと、絶対に良い声は出せません。

しかし、この「丹田」は鍛える事ができます。

そうです、丹田は鍛えるものなのです。

では、どうやって鍛えれば良いのか。

答えは単純、

スクワットです。

え!それだけで良いの!?

はい、良いんです!

しかし、ただのスクワットではありません。

ハーフスクワットです。

ハーフスクワットとは何かというと、読んで字のごとくです。

スクワットは限界まで下半身を下げますが、ハーフスクワットですので、 スクワットの半分ぐらいの目安まで下半身を下げます。

そうすることで、丹田に力が入ります。

それを繰り返して行くうちに、丹田が鍛えられていきます。

さあ、やってみてください。

どうですか?

何か気づいた事はありませんでしたか?

そうです、腹式呼吸のところで説明した、膝を−10cm落とすのと同じ方法です!

つまりどういうことかと言うと、

この丹田を鍛えるトレーニングを行うことによって、丹田が鍛えられる事はもちろんの事、腹式呼吸も上手にできるようになるということです!

一石二鳥ですよね!

このようにボイストレーニングは、一つ鍛えると二つ以上の利益が出る事が結構あります。 

たとえば、を鍛える事によって、喉声改善に必要な舌のちからを抜くということが出来やすくなり、さらに滑舌が良くなり、歌詞を鮮明に伝えられるようにもなります。

 

まとめ

f:id:shunya813:20180925165637j:plain

以上が、自宅でも簡単に出来るボイストレーニングのやり方でした。

いかがでしたか?

生徒のぶんざいで結構しゃべりましたが、分かりやすかったでしょうか?(笑)

それでも、少しでも皆さんの為になったとしたら、とても嬉しいです。

あと、今までお伝えしてきた腹式呼吸と丹田のトレーニングは、内股でやると更に効果がでます!!

ちょっと教えすぎちゃいました(笑)

ボイトレでしか教えてもらえない情報を伝えたので、かなり有益なはずです。

まあ、これボイトレの先生に見つかったらヤバイかもしれませんが(笑)

最後まで見ていただき、ありがとうございました!

では僕はこの辺で、さようなら!